日本 カジノ パチンコ
05.03.2021

パチンコ業界 海外の反応まとめ


逆に、年をピークにパチンコ人口が年々減少していくなか、今後、カジノ付設の統合型リゾート施設の道筋ができたことで パチンコ事業者もリゾート施設開発の主要なプレイヤーになる動向も見え隠れしています。 詳しくは後述しますが、日本のパチンコ事業主はすでに海外カジノ施設に積極的に出資を行っており、カジノ運営のノウハウを蓄積しているのです。. 関連記事: 日本 カジノ パチンコ. 巷で言われているような「カジノはパチンコ潰しだ」というのは、 単なる陰謀論でしかありません。 カジノができることで、パチンコがなくなる、もしくは大きなダメージを受けるというのは考えられません。. さらに、カジノがパチンコ客の多くを吸収することはできない、というのも無視しがたい事実としてあります。 絶対的にカジノの数が足りない という単純な事実があります。. 対するに、 パチンコは全国で既に1万を超える店舗が存在します。 全国にあるパチンコを楽しむ消費者の多くが、全国に数カ所しか存在しないカジノにわざわざ足を伸ばすということは、考えられません。. 関連記事: パチンコ業界の衰退は止まらない!パチンコ事業者が狙う次の一手とは?. パチンコが法的に「問題」となるのは、その 実態が紛れもなくギャンブルでありながら、刑法ではギャンブル(賭博行為)が禁止されているという事実があるためです。. しかしいま騒がれている「カジノ解禁」は、ごく限定された施設において例外的にギャンブルが認められる法律にすぎず、 そこからパチンコもまた合法化するべきだという論理は成立しません。.

そんなことはありません。 パチンコ事業者のなかには、カジノ解禁をチャンスとみて、リゾート施設への開発に身を乗り出そうとしている企業が数多くあります。. また、やはり有力なメーカー系事業者であるユニバーサルエンターテインメントもフィリピンでカジノ開発を行っており、創業者の名前を冠した「 オカダマニラ 」は既に開業しています。. パチンコが健全なゲームとして再構築して欲しいと思います。 パチンコの賭博性で勤労意欲の低下、家庭崩壊、真面目な努力の低下、時間の浪費など人間崩壊に繋がる事が多いと思います。 合わせて、利益が反国際的な事に使われるのも、異常な利益率の高さ故と思います。. カジノが想定する消費者=富裕層向け、外国人などの観光客用 パチンコが想定している消費者=庶民向け、店舗の近隣に住む一般住民. コメント 匿名 より:. 匿名 より:. カジノとパチンコパチスロは競合しないということはあってるけど、カジノ法案がパチンコパチスロ業界に全く影響ないというのは間違いない。 実際あるし、それも相当なマイナス影響です。.